夫友達に更にさぐり

小学3階層の時に転校してきた第三者を好きになりました。

発表はストレートする勇気がなくて、見ているだけでした。

でも男児とも遊ぶことも多かったので、何人かといった恋愛もまざって遊ぶこともありました。

今まで以上に指しだし、レターではありますが、発表しました。

その時は振られました。

他に恋愛がいたようです。

自分は細かく訊くことは、できなかったけど、友達が多々ジメを以てたらしく聞いたら教えてくれるみたいな。

おんなじ研修になったのは転校してきた階層だけでしたが、どんどん好きになる心境がふえて夫友達に更にさぐりをいれたりもしていました。

6年生の時に、はい!っと覚書用紙を好きな人からもらいました。

買うようなことをした物覚えがなかったので、頭の中ははてな様態だけど、同時に嬉しかったです。

心悸といったワクワクしながらレターを読んで、嬉しすぎて実習内にも、かかわらず大喜び、大はしゃぎを通して、他の人が騒々しいと言いながら睨まれましたが、そんなことどうしてもいいって想うぐらい喜びました。

2人でいらっしゃるのは、恥ずかしすぎて、たえず友達の誰かを連れて遊ぶことが多かったです。

それぐらい彼とも友達ともある期間を大切にしていたので、ステップにのっていたのかもしれません。

水入らずのとこを父母に包み隠す結果もあったので、それは彼もわかってくれてましたが、気持ちの多少の変化はでてきていたと思います。

必ず好きだった第三者だったので、大事にしたい、かといって水入らずだと何したらいいのか思い付か。

あんなついに同士だったから、遭遇がなかったから、他の人が彼のことを好きになってる第三者がてできて焦ったりと、うまくできなかったことが多かったです。

双方大事にしてるから、どこまでしていいのか、こうきりだしたいけど、それが現実に、できない。 

あんないじらしいこともありました。

初めての彼だったので20階層経った今も大事な体験だ。

おすすめはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です