お泊まりするのが夢物語

パルテノン宮殿風の組立になっているラブホテルがあるといった知り合いから聞いて、彼にひとたび行ってみたいってお願いしたのですが、私の彼はケチで大きいラブホテルなんぞ行かなくても自分の客間で腹一杯だという他人でした。

私としてはラブホテルにお泊まりするのが幾らか夢物語で、バースデイキャンペーンにその旅館に連れていってほしいってお願いしてやっと叶えてもらったんです。

普通のラブホテルの何客間がパルテノン宮殿風の音とかテルマエ・ロマエ風の音とかになっていて、そこだけ少し良いんです。

中に入ると、みた態度のある柱が複数か建っていて、天外サービスの大きな丸っこいベッドがどーんと置いてあって、真っ白な全く神秘的なスペースでした。

ラブホテルって不快フィーリングを想像していたのですが清潔感があって、外国のお姫様の客間ものの考え方でボルテージがあがってしまいました。

彼はラブホテルに来たことがあるので、違う?と聞いてみると、全然違う、普通は再度フツーの客間が多いし、と言っていて、お風呂から出たときに羽織るガウン的ものの触感も違うと言っていました。

再びエッチをすることになったときに、なぞ主人がいつもよりきめ細かいというか、バースデイということもあったんですが、いつもなら一層激しい感じでキスとかして生じるのに、直感等々があって、恐ろしい優しかっただ。

私もリミットを見上げるという常にといった全然違う真っ白で競争の天外で、いつもより婀娜っぽい感じであえいでしまったり、ほんとフィーリングを通じてエッチがこれ程違うって思いませんでした。

しかも、彼は漸くこんな豪勢で高いところに泊まってるんだから惜しいと言い出して、一旦エッチが終わってからまたお風呂に入り直して、幾らかくつろいです上に二回目線しようと誘ってきたんです。

朝方まで一緒にいたのに、二回目するなんて初めてのことでした。

けれどもこの職場でのエッチも興奮してずいぶんよかったです。

http://www.vethomecalls.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です