夜遅くに彼女とラブホテルへ

彼女という名古屋に周遊に行った一時、夜更けも遅くなったので、このまま帰るのも勿体ないなと見なし、彼女を誘ってとあるラブホテルへ。

具合は決して晴れ晴れでもなく、どちらかというと就労宿屋という感じで、ゼロ泊7000円近くでした。

それで「まあ、ゼロ深夜泊まれて、やることやれたらいっか」という感覚で入ったのですが、中に入って初めてビックリのが実に大きなベッド!たいていキングサイズというものなのか、二人で寝転がっても全く余裕でゴロゴロできました。

内部も大きく、そういった大きなベッドがあるのにかなりの余剰がありました。

テレビは50インチくらいの大ウィンドウ、お風呂もかなり大きく、二人で入ってもまだ後カップルぐらい入れそうな通常の湯船部屋+まさかの露天風呂もついていました。

ウェルカムドリンクは前に依頼でしたがアルコール5素材ソフトドリンク5素材お替り任意で、夜食というモーニングも待遇という、普通の宿屋よりも待遇がよかったんじゃないかとおもうほどでした。

そうして大人のおもちゃ的アイテムも贈与で置いてあり、その時点で、盛り上がりは大人気にまで上がってしまい、それではアルコールで乾杯、めしをじっくりとった後に前もって一回。

そこからは疲れていることも忘れて続けて何度もやっちゃいました。

さっそく大きく、貸し出しイメージが半端ないので、ベッドの上では端から端まで色々姿勢を変えたり色んな一品を使ったりして気分、それだけでなく、湯船、フロアー、席の上など、いろんな場所で盛り上がってやっちゃいました。

どこでどんなことをしてもてんで手狭イメージがなく、専ら堪能できたと思います。

無論肝カードを吐出し、名古屋周遊の時はやはり、どっかからの帰る途中にもあえて行ったり講じるくらいになりました。

http://www.beavecellrepair.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です