歯がグラついたり動いたりするもとになる

多くの方が気にするであろう、矯正中の飲食についてお話します。

力を入れて噛まなければならないようなものは食べられないと思った方がいいでしょう。

固くて噛み切れない肉、それに煎餅などは、歯に大きな力がかかってしまうので、食べるべきではありません。

逆に粘性のある食べ物、例えば餅なども、歯にくっついて、歯がグラついたり動いたりするもとになるので、できれば避けるように多くの場合は言われているようです。

悪い歯並びは早めに直さなければならないとか、幼い内の方が矯正しやすいから、といった理由で考え無しに飲み薬を始めてしまうのには危険もあり、あまり勧められません。

虫歯治療で訪れた歯医者さんに矯正を勧められる場合もありますが、子供はまだ骨が成長しきっていませんから、まだ矯正など必要ないという場合もあるのです。

しきりに歯科で勧めてくる場合、矯正が必要な根拠を聞き、場合によってはセカンドオピニオンも求めることが先決でしょう。

私は食事の度に歯ブラシで歯を磨かなければ気が済まず、いつも5分から10分くらい歯磨きをしている気がします。

どうしてもそのくらい磨かなければ落ち着かないので、外食の際など特に不便を感じてしまうのです。

ですが最近、外出先ではポータブルのマウスウォッシュに出会い、ちょっと気楽になりました。

ホワイトニングは本当に大事なことだと思っています。

自分だけでなく、周りのためにも歯の印象は大事だからです。

好印象の口元にするためには、ホワイトニングの他に、歯並びを直す歯列矯正を受けてみるのもいいでしょう。

歯並びの矯正と聞いて誰もが思い浮かべるのが、歯に器具を付けた姿でしょうが、歯の表と裏、いずれにでも器具を取り付けることが可能です。

ワイヤーを裏側に付けるタイプの場合、周りに見えないのが最大の利点ですが、歯科医師の技術や多くの手間が必要になり、費用もより高くなる点はデメリットとして考慮しなければなりません。

表側のほうは、一目見て矯正器具がわかってしまうのが欠点ですが、今時は透明や白のブラケットも出てきたので、あまり目立たないタイプのブラケットを装着してもらうことで、いくらか気楽になるでしょう。

歯のホワイトニングにはトラブルもあります。

時間をかけてもあまり白くならない場合や、色の染まり方にムラが出る場合も有り得ます。

歯の状態や、日々の食事や喫煙習慣など、色々な理由が考えられます。

でも、心配は不要です。

多少時間はかかりますが、ホワイトニングを反復して行っていくことで、ちゃんと効果は出ます。

他の歯科治療と同じように、歯が白く染まるかどうかも患者さん一人一人の体質によって異なるのです。

一年ほどの間、ずっとホワイトニングばかりをしてきました。

真っ白な歯といえば健康の象徴という気がしていました。

ところが逆効果でした。

見た目だけ白くしても、歯に負担をかけすぎてしまって、歯茎は弱くなっていきました。

私の注意は歯茎には向いていなかったのです。

ホワイトニングのことしか考えていなかったために、そのぶん歯茎が弱くなってしまって、冷たいものを口に入れると、沁みるようになって痛みを覚えます。

それから、歯列の矯正もしておくべきだったと思います。

技術が進んでいるアメリカなどで飲み薬を受ければ、費用は安くなるでしょうか。

実は、よくて日本と同じくらい、むしろより高い場合の方が多いようです。

医療の進んだ国といえばアメリカですが、かの国では保険が使えない場合が多く、そうなると全額が患者さんの負担となります。

ご存じの通り、飲み薬には一年以上の時間がかかります。

頻繁に通院して、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。

既に外国に定住していて言語の問題もないという方以外は、国内で受けるのが無難でしょう。

歯並びの矯正中は強制的に歯を動かしているため、痛みや違和感から食べ物が食べづらく、食事の量が減ってしまい、体重が極端に落ちるという話も聞きます。

あるいは、矯正治療の終了後、元に戻るどころか体重が増加した、なんてこともあるようです。

矯正している間は十分に食べられなかったことへの反動で、歯止めが効かず食べてしまうようです。

綺麗な口元になれた場合でも、体重が増えてスタイルが悪くなったのでは勿体無いので、矯正中や矯正後の食事の管理にも注意を払いましょう。

飲み薬では、よく口内炎ができて苦しいということが言われます。

矯正を始めて間もない間は、多くの方が口内炎を経験するのは紛れもない事実なのです。

矯正器具が柔らかい口内を引っ掻き回す形になり、その結果として口内炎ができてしまうのです。

歯科では専用の薬やワックスを処方される場合も多いです。

日頃から歯磨きなどで口内ケアを心がけることが大切になるのは言うまでもありません。

近年、流行りのホワイトニング。

憧れの真っ白な歯に簡単になれるという点が多くの方にとって魅力的なようです。

ですが、全ての人がすぐに白さを実感できるわけではありません。

なかなか狙った通りの白さにするのが難しいということも、やや不便と言えるかもしれません。

見た目を美しく保つために、やはり歯は重要なポイントですから、ホワイトニングなどの施術を専門とする審美歯科などにかかり、しっかりと希望を伝えることが何より大事です。

色と同じくらい歯並びも大事ですから、気になる方は飲み薬の利用も検討してみてください。

口コミによるジスロマックについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です